~ ようこそ love seoulへ! ~
当サイトは 韓国のホットな情報、韓国旅行での楽しい体験談、
韓国の音楽や詩に日本語字幕を付けたものを紹介したりしながら
ハングルを無理なく楽しく学習できるをコンセプトとして作りました。
みなさん楽しんでくださいね。
日本語で読む韓国詩
チョン・ジヨン「硝子窓」
チョン・ジヨン「鄕愁」
チョン・ジヨン 「海Ⅲ」
チョン・ジヨン 「海 Ⅱ」
チョン・ジヨン 「海Ⅰ」
キム・ヨンラン「5月」

チョン・ジヨン「硝子窓」

硝子窓
鄭芝溶の代表作の一つの「硝子窓」は高校の教科書に収録。息子の死を硝子の窓という媒介体として窓の中は現実世界を、窓の外は死の世界を意味する。感情の極度の節制等が引き立つ奇妙な表現技法として重要な詩とされている。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

チョン・ジヨン「鄕愁」

チョン・ジヨン「鄕愁」 
鄭芝溶の代表作。歌にもなり韓国では誰もが知っている名曲。最近その曲は携帯電話のテレビCMでも使われている。1902年5月15日忠清北道沃川(オクチョン)出身。1922年に「風浪夢」を書きながら詩人の道へと踏み出し、詩文学(시문학)や九人会(구인회)などの文学同人と、「カトリック青年」や「文章」などの編集委員として活動した。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

チョン・ジヨン 「海Ⅲ」


チョン・ジヨン 「海Ⅲ」
 
鄭芝溶は1902年5月15日忠清北道沃川(オクチョン)で鄭泰國の長男として生まれた。1922年に「風浪夢」を書きながら詩人の道へと踏み出し、詩文学(시문학)や九人会(구인회)などの文学同人と、「カトリック青年」や「文章」などの編集委員として活動した。チョン・ジヨンの海の詩はいくつかあるが、とても海が好きだったことが覗える。短い言葉のなかに含まれてるイメージが多くのことを語っている。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

チョン・ジヨン 「海 Ⅱ」

チョン・ジヨン 「海 Ⅱ」 
鄭芝溶は1902年5月15日忠清北道沃川(オクチョン)で鄭泰國の長男として生まれた。1922年に「風浪夢」を書きながら詩人の道へと踏み出し、詩文学(시문학)や九人会(구인회)などの文学同人と、「カトリック青年」や「文章」などの編集委員として活動しました。チョン・ジヨンの海の詩はいくつかありますが、とても海が好きだったことが窺えます。短い言葉のなかに含まれてるイメージが多くのことを語ってくれます。
続きを読む>>
comments (1) | trackbacks (0)

チョン・ジヨン 「海Ⅰ」

チョン・ジヨン 「海Ⅰ」
鄭芝溶は1902年5月15日忠清北道沃川(オクチョン)で鄭泰國の長男として生まれた。1922年に「風浪夢」を書きながら詩人の道へと踏み出し、詩文学(시문학)や九人会(구인회)などの文学同人と、「カトリック青年」や「文章」などの編集委員として活動しました。残した詩は120余編と多いとはいえませんが、そこには伝統と近代、童謡と宗教詩、海(イマジズム)と山(東洋精神)などが、輝く言葉で記されています。節制された感情と物事に対する正確な描写、そして繊細な言語感覚で綴った詩編を通じて、彼は大韓民国の現代詩を熟成させる決定的な土台となりました。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

キム・ヨンラン「5月」

キム・ヨンラン「5月」
キム・ヨンラン(金永郎: 1903~1950) 本名はユンシク(允植)。全羅南道のガンジン地方の大地主の長男として生まれた。1920年日本の青山学院英文科に留学。この「5月」という詩を詠むと、目の前に広い野原の風を感じることができます。五感をすべて働かせて詠める詩です。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

おすすめ教材

韓国語ジャーナル 35 (アルク地球人ムック)
韓国語ジャーナル 35 (アルク地球人ムック)
アルク
)CNBLUE(4人組アイドルバンド・表紙)/メンバーがドラマ「美男(イケメン)ですね」出演、日本でも幅広い年代に支持され大ブレイク中の4人組。彼らの独占インタビュー音声で、楽しみながら韓国語も学べる!
文法から学べる韓国語
文法から学べる韓国語
ナツメ社
日本語と韓国語の文法上のしくみや類似点に注目したテキスト。日本語文法との対比や図解などでわかりやすく文法を解説。豊富な練習問題と、学習した文法事項を応用して重要単語も効率良く盛り込んだ「会話例」を収録。
韓国語リスニングマスター
韓国語リスニングマスター
アルク
CDを聞きながら聞きとりの練習をメインに学習。話し言葉に強くなるような内容になっている。
ためぐち韓国語
ためぐち韓国語
平凡社
儒教的な習慣が生活の中に根付いている韓国には、会話の上でもさまざまな尊敬表現がある。と同時に、この国には楽しい「ためぐち」(パンマル)も豊かに存在している。韓国人と心を通わせ、腹を割って話すためには時と状況に応じて、パンマルを使いこなすことが必要になる。人間関係を深めるために必要な「ためぐち」を楽しく学べる、ハングルなしの画期的入門書。
ページ移動 (1 [2] [3] [4] [5] [6]>>)